ティアックからバランス出力レコードプレーヤー、高機能フォノイコライザー登場

0828 ティアックがバランス出力プレーヤー-main

 音響機器のティアックは、ベルトドライブ式レコードプレーヤー「TN-5BB」(16万8,000円・税別)とフォノイコライザーアンプ「PE-505」(16万8,000円・同)を発売した。どちらもディープなアナログ再生ファンが注目するフィーチャーを備えている。

 TN-5BBは、人工大理石/和紙/MDFの異素材を組み合わせて振動に強くしたベースシャーシ、アナログ専門メーカーのサエクとコラボした高感度ナイフエッジ9インチS字トーンアーム、20mm厚1.7kgのアクリルプラッターなどで構築。安定したオーソドックスな設計を採る一方で、スムーズにレコード針の上下ができる電動アームリフターやレコード再生が終わると自動的にトーンアームがアップして針の無用な摩耗を抑える機能も備えている。注目はXLRバランス出力の装備で、カートリッジの出力をダイレクトに取り出して、より低ノイズの高品位な信号を出力する。加えて78回転にも対応しており、SP盤の再生も可能。専門ブランド、オルトフォンのMMカートリッジ2M REDが付属する。

0828 ティアックがバランス出力プレーヤー-PEQ-1

 PE-505はレコード再生に必須でプリメインアンプにも内蔵されるフォノイコライザーアンプだが、正確なRIAAフォノイコライザー回路と左右チャンネル独立のデュアルモノ・完全バランス入出力構成など、単体アンプならではのハイレベルな設計が特徴。TN-5BBにも対応するバランス入力を備える。さまざまなカートリッジを最適化して駆動するようにMC負荷インピーダンス切り替え、MM負荷容量切り替え、ゲイン切り替えなどのマニアライクな機能も装備。さらにMC負荷インピーダンス測定や、音質に影響するカートリッジの帯磁を打ち消す消磁などの高度な機能もある。こちらのポイントは、DECCA(デッカ)、COLUMBIA(コロンビア)のオールドEQの回路の内蔵。オールドEQはモノラルLPや現在の統一カーブ(RIAA)が主流化する前後のレコードに使われていたレコード各社ごとの補正カーブで、これらのレコードをより忠実な音質、バランスで聴くことができる。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ