文化系の部活ロスを応援! 高校生オンライン取材会を47NEWSがライブ中継

イメージ
イメージ

 コロナ禍で部活動に青春を懸けられなくなった高校生は、甲子園を目指す球児だけではない。文化系の“部活ロス”の高校生を応援するために、東京都高校文化連盟(高文連)は、各地の高校生約100人がオンラインで集まり、文化を取材する「高校生オンライン取材会」を始めた。全国新聞ネットは、全国各地のニュースが集まるサイト「47NEWS」で、この「高校生オンライン取材会」を中継。集団で学び交流する機会を失った10代と教育関係者に広く「エイエイオー!」のエールを送る。

 「文化部のインターハイ」とも呼ばれる全国高校総合文化祭(総文祭)は、今年は高知県で7月31日から1週間、開かれる予定だったが、新型コロナウイルスの感染防止のためウェブ開催になった。毎年約2万人の高校生が演劇や美術・工芸、音楽など約30の部門ごとに日頃の部活動の成果を披露する一大イベントだけに、集団で学び、交流する機会を失った全国の高校生たちに、落胆が広がっている。

 そんな高校生たちを励ますために、2022年総文祭東京大会を控える東京都高文連が、オンライン取材会の実施を決定した。共同通信主催で2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて全国各地で繰り広げられてきた中学生・高校生の取材会活動「文化プログラムプレスセンター」とコラボレーションし、部活の部門ごとにテーマを設けてシリーズ開催する。文化庁などが協力する。

 第1弾として8月9日、全国の高校茶道部員約100人が国宝の茶わん「曜変天目」をオンラインで取材し、47NEWSのライブ中継で動画は数百のアクセスを集めた。第2弾として現代美術作家の日比野克彦氏へのインタビュー会(8月30日15時~)、第3弾として指揮者の佐渡裕氏へのインタビュー会(9月6日10時~)が行われる。それぞれ47NEWSがライブ中継する。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ