絶滅危惧種ウミガラスの子をお披露目 アクアマリンふくしま

ウミガラス親

 「オロロローン」と聞こえる鳴き声から、「オロロン鳥」とも呼ばれるウミガラス。現在、自然界で繁殖が確認されているのは国内では北海道の天売島のみで、環境庁のレッドデータブックで絶滅危惧ⅠA類に分類されている。ウミガラスを飼育しているアクアマリンふくしま(福島県いわき市)で、今年7月にウミガラスの赤ちゃんが誕生。8月24日から「北の海の海獣・海鳥」コーナーでお披露目が始まった。

ウミガラス幼鳥

 アクアマリンふくしまでは、2007年1月からウミガラスの飼育展示をしている。2012年に初めての産卵を確認、それ以降ほぼ毎年産卵は確認されているものの、親鳥が温めるのを放棄するなどし、卵がかえるまでにはなかなか到達できなかった。昨年からは、産卵確認後に卵を回収して人工ふ化に切り替え、今回初めて、展示できるまでに成長した。

 ウミガラスは、太平洋北部と大西洋北部に分布する海鳥で、全長約43cm。寒さ厳しい北の海で生きるウミガラスの姿を見ることができる施設は、同施設と東京・葛西臨海水族園の2カ所だけだという。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ