隈研吾デザイン×有名シェフによる料理 横浜に新しい癒やしの室内墓所が誕生

外観
外観

 豊かなインテリア、ゆったりした明るいカフェにおいしい料理。考えてみれば、心の癒やしが最も必要な場所の理想的な在り方かもしれない。世界的建築家、隈研吾氏のデザイン監修による空間と、 有名シェフたちによる食が融合した室内墓所・葬儀「横濱聖苑」(横浜市)が8月29日にオープンする。

 室内墓所は、遺骨を安置できる屋内施設。屋外にあるお墓とは違い、天候に左右されることなくいつでも快適に参拝できるのが特徴だ。 ガラス張りの明るいカフェに隈研吾氏らしい木のぬくもりが感じられる外観。暖かなインテリアの待合スペースや、記念樹に優しく包まれる合祀墓などがあり、モダニズムと温かみが同居する空間だ。

暖かなインテリアの待合スペース
暖かなインテリアの待合スペース
参拝室
参拝室

 そして鎧塚俊彦氏によるカフェ、落合務氏によるイタリアン、笠原将弘氏による日本料理と、葬儀や法事、参拝の機会の食も心づくし。建築の巨匠と食の匠が融合した新しい形の癒やしが期待できる。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ