心地よいおうち時間にするために 10年先も使いたいモノ選び

main

 在宅時間が長くなって、“断捨離”したという声は少なくない。そして「本当に必要なもの」が残ったところで、その最低限のモノだけをしっかり選んでそろえたい、買い替えたい、という気持ちになったりする。そんな時に役立ちそうな本が、8月23日に発売された『モノがわたしを助けてくれる~10年先も使いたい 暮らしに投資するモノ選び~』(本多さおり著、大和書房)だ。

sub1

 “生活重視ラク優先の整理収納コンサルタント”である本多さんのモノ選びには、五つの心得があるそう。例えば、10年後もよいと思える簡素で普通なモノ、ごきげん時間に貢献する働きモノ・・・などだ。毎日の家事では、最低限その日の汚れは取り除き、最低限バランスの良いごはんを食べたいと思うけれど、その最低限を実行するのは一苦労だ。そのハードルを低くするためにもモノ選びは重要。投資する価値ありのモノから、お手軽な重宝モノまでプロ目線で紹介した一冊だ。税別1,400円。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ