観察、採集から飼育まで 日本の爬虫類・両生類が分かる図鑑

main

 脊椎動物ではあるけれど、哺乳類や鳥、魚ほど身近にいないだけに興味深い爬虫(はちゅう)類や両生類。日本に生息する爬虫類・両生類の野生下での自然な姿、表情をダイナミックで美しい写真で堪能することができる一冊、『日本の爬虫類・両生類 野外観察図鑑』(川添宣広著、誠文堂新光社)が8月24日に発売される。価格は税別3,200円。

 爬虫類・両生類の観察を目的としたフィールドワークのために、春夏秋冬の季節でカテゴライズ。出現場所、時期、時間、飼育できる種類については、法律の遵守を前提に、採集の手段と飼育方法を生息地のリアルな写真から伝えている。

raj0709b_tri_out_初0716.indd

 フィールドワーカーに人気の野生の爬虫類・両生類の撮影法も解説。動物の背景にある崖の岩、浅瀬の石ころ、生い茂る樹木、草花、それらの葉、落ち葉、幹、そして苔などの菌類の情報も有用だ。池の浅瀬、田んぼの中、川や滝など、それらがどんなものなのかを知るだけでも、そこに生息する爬虫類・両生類の生活史が見えてくる。また、捨てられたタイヤや土管など、人為的な物の側に潜んでいる状況は、その個体が置かれているリアルな状況をも理解することができる。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ