ヴォメロ(イタリアン・東銀座) ~そう、ここはナポリ~

ピッチェリア・トラットリア ヴォメロ
ピッチェリア・トラットリア ヴォメロ

 ピッチェリア・トラットリア ヴォメロ。東銀座の歌舞伎座のすぐ裏にあるイタリアン。

 店名には、ピッツァを出すピッチェリア、魚介類を使った料理を出すトラットリア。ナポリのヴォメロ地区の一軒家のお店という意味合いが込められている。内装はナポリをイメージして明るいオレンジ色。

 ナポリピッツァが看板メニューの一つ。薪を使って窯で焼き、ふちの耳の部分が膨らんでモチモチしているのがナポリピッツァ。小麦と塩とイーストの3つ以外は水しか使わないのがおきまり。アメリカピザはスパイスを、ローマピッツァはオリーブオイルを生地の中に入れたりするが、ナポリピッツァはスパイスもオイルも生地に入れない。

 この日は、渡り蟹と生ウニのパスタ、プロシュットエルーコラのピッツァをいただいた。渡り蟹と生ウニ、これだけで美味しいのはわかってもらえると思う。ピッツァは焼きたてでアツアツ。ナポリ流に、アツアツを一気に食べた。生ハムの塩加減ともちもちの小麦の味が合っていた。美味しかった。

 ピッツァなどのテークアウトもできる。マリナーラは1,188円(税込)。マルゲリータは1,296円(税込)。プロシュットエルーコラは1,944円(税込)。

マルゲリータ
マルゲリータ

 ヴォメロは歌舞伎座タワーがオープンする前の8年前にオープン。ヴォメロはナポリの高級住宅街。東京で言うと田園調布や自由が丘にあたるそうだ。小高い丘にあり景色が良く観光名所でもあるとのこと。

 開店当初はそうでもなかったが、歌舞伎座タワーがオープンして、周りにイタリアンが増えたそうだ。現在、歌舞伎座の周りはイタリアンが多く、ヴォメロはその中でも人気店。

ヴォメロ風前菜盛り合わせ
ヴォメロ風前菜盛り合わせ

 40年近く前、ナポリに行った。泊まったホテルのおじさんから「外出するなら、荷物も持って行くように。盗まれるから」と言われ、荷物を持って街に出かけた。ピッツァ屋台で買ったピッツァ。具は少なかったが、生地が粉っぽくて美味しかった。

 「ナポリを見て死ね」ということわざがあるが、重い荷物を持ったまま街中をうろうろ。ナポリを見て疲れた。夜景を見に行きたかったが、疲れてホテルに帰って寝てしまった。今度ナポリに行ったら、荷物が盗まれないようなホテルに泊まろう。そうすれば、重い荷物を持たずにナポリの街を見ることができる。そして、ヴォメロの丘に行って世界三大夜景とも言われるナポリの夜景を楽しむことができる。

住所
東京都中央区銀座3-12-8

交通アクセス
日比谷線【東銀座駅3番出口から徒歩3分】都営浅草線【東銀座駅7番出口から徒歩2分】

営業時間
月~木、土、祝前日: 11:30~22:30 (料理L.O. 21:30 ドリンクL.O. 22:00) 金: 11:30~23:30 (料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 23:00) 日、祝日: 11:30~22:00 (料理L.O. 21:00 ドリンクL.O. 21:30)

ご予約・お問い合わせはこちら
03-6278-8984

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ