「勝てるスイマーに育てる」オンラインのスポーツ栄養セミナー ジュニアアスリートの食事の整え方を学ぶ

main

 スポーツ栄養サイト「アスレシピ」(日刊スポーツ新聞社・東京)はこのほど、 成長期の競泳ジュニア選手と保護者のためのレシピブック『競泳めし 勝てるスイマーに育てる』(税込み2,530円)を発売。これを記念し、著者の公認スポーツ栄養士・松田幸子氏を講師に迎えたオンラインセミナー「『勝てるスイマーに育てる』スポーツ栄養セミナー」を8月30日に開催する。開催時間は10時30分から正午ごろまで。

 コロナ禍の自粛生活の中、スポーツ選手たちも長期間、練習ができない日々を過ごしている。競泳に取り組むジュニアたちも、7月あたりから練習は再開できても、筋力低下や貧血などの体調不良が生じたり、自粛中の食事節制で身長が伸びなくなったりというケースもあるという。スムーズに以前のような体に戻し、秋以降の試合でパフォーマンスを発揮してもらいたいと、セミナーでは、ジュニア競泳選手時代や、ジムトレーナー・ スイミングインストラクターの経験を持つ公認スポーツ栄養士の松田幸子氏が、競泳に限らず、あらゆる競技に当てはまる実践的な話を保護者・選手・指導者に届ける。講義のほか、質問コーナーも設ける。

sub1

 amazonのプリントオンデマンド(POD)で販売中の『競泳めし 勝てるスイマーに育てる』を参考書に、成長期のジュニア選手の食事の整え方や、身長を伸ばしたり試合でベスト記録を出したりするための食事など、日頃保護者が抱える疑問や悩みに答えていく。『競泳めし 勝てるスイマーに育てる』を読んだ上での参加を推奨。同書の内容は、成長期のジュニアスイマーを心身ともに大きく成長させるための食事について、シーン別・目的別に分けて「第1章 ジュニア選手の基本の食事」「第2章 練習で追い込める体をつくる食事」「第3章 1cmでも身長を伸ばす食事」「第4章 貧血予防の鉄強化の食事」「第5章 試合でベストを出す食事」の5章で展開。解説コラムとともに、50レシピを掲載している。

 セミナーは、Web会議ツール・Zoomを使用。受講料は税込み1,500円。申し込みはサイトのページから。締め切りは8月25日(火)午前10時。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ