デノンから8K映像対応AVアンプ上位2モデル登場

0806 デノンから8K対応AVアンプ上位2モデル-img

 オーディオ機器を取り扱うディーアンドエムホールディングス(川崎市)は、デノンブランドからAVアンプ・ラインアップの上級モデル「AVR-X4700H」(18万円・税別)を発売した。加えて「AVC-X6700H」(33万円・同)を8月下旬発売する。いち早く8K映像信号のパススルーに対応するとともに、映像、音声ともに最新機能をサポートしている。

 AVR-X4700Hは9.2chのレシーバー(FMチューナー内蔵)タイプで235W×9パワーアンプを、AVC-X6700Hは11.2ch対応モデルで250W×11パワーアンプを搭載する。音の要となるアンプ部は、惜しみない物量の投入と高音質技術を駆使した最上位モデルのフィーチャーを大きく継承。いずれもパワーアンプの追加でさらに大規模なシステムにもできる拡張性を備える。

 

 サラウンドフォーマットは、3次元の音場を作り出すDolby Atmos、DTS:X Auro-3Dに加え、IMAXシアターの迫力やリアルさを再現するIMAX Enhanced、また新4K/8K衛星放送のMPEG-4 AAC(ステレオ、5.1ch)のフル対応。また、バーチャル3Dサラウンドも、Dolby Atmos Height Virtualizer とDTS Virtual:X対応として、ハイトスピーカーやサラウンドスピーカーを使わなくても3次元の音場体験を楽しめるようになっている。

 映像面では、8K対応に伴い明るさと色の表現力を拡張するHDRは、HDR10、Dolby Vision、HLGに加え、HDR10+、Dynamic HDRと、ゲームやVRソースの臨場感を大きく高めるALLM、VRR、QMS、QFTなどの最新機能も備えている。

 

 ネットワークオーディオについては、独自開発のモジュールで対応。家庭内のネットワークを通したNASやパソコンなどをサーバーとしたハイレゾを含むファイル音源再生、Amazon music HDやSpotifyといったインターネットからの音楽ストリーミングサービス、インターネットラジオも聴くことができる。Bluetoothは受信・送信の両対応でBluetoothヘッドホン/スピーカーへ音楽コンテンツを送り出すことが可能。またAmazon Alexaによる音声コントロールにも対応している。

 

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ