小説から、童話、絵本、漫画作品まで 角田光代の心に刻まれた350冊を案内する『物語の海を泳いで』

d13640-782-972512-0

 直木賞作家・角田光代氏が、心に残った350冊の本を紹介するエッセイ『物語の海を泳いで』(税別1,600円)が小学館から発売された。「本のなかに書かれた言葉、そこで起きたできごと、そこで生きる人々、そこに漂う空気を五感と感情で体験すること、それが、本を読む、ということなのだ」という角田氏が、小説だけでなく、童話、絵本、漫画作品まで、三章構成で紹介する。

 「第一章 物語に出合う」は、少女時代に読んだ童話『長くつ下のピッピ』、絵本『100万回生きたねこ』から、太宰治、林芙美子、開高健、向田邦子の小説、そして大島弓子、岡崎京子の漫画作品までを、愛をこめて描くエッセイ16篇から成る。

 「第二章 心に残る、あの本この本」では、ジョン・アーヴィング、イーユン・リー、ベルンハルト・シュリンク、ミランダ・ジュライから井上荒野、伊坂幸太郎、江國香織、奥田英朗、桐野夏生、佐野洋子、橋本治、吉田修一、綿矢りさなど、小説からエッセイ、ノンフィクションまで、多彩な作品を語る。読むだけで思わず本屋さんに走りたくなる、熱い読書案内60本だ。

 「第三章 わたしの読書日記」は、2007年秋から2018年夏までの幸福な読書の日々を描く29篇。氏は、「本があってよかったとおもしろい本を読むたびに思う。本当に、いちいち思う。夏から秋にかけて、ちょっとうんざりするくらいに忙しく、何に忙しいのかよくわからないまま忙しいので、ともすると非常にむなしい気持ちになるのだが、そのむなしい部分を埋めてくれたのがこの時期読んだ小説であり、エッセイである」と、この時期を語る。

 「どこでも本を読む。ソファでもベッドでも風呂でもトイレでも読む。外に出るときも鞄に本を入れる。入れ忘れると途方に暮れる。旅に出るときも日数に合わせて何冊かの本を持参する」(あとがきより)という角田氏。氏の読書の世界を追体験し、物語の海を泳ぐ夏を味わってみてはいかがだろうか。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ