「らくなさらしマスク」を自分で作ろう! 20枚作成できるキットセットを発売

_prw_PI1fl_wz9vYwe9

 この夏休みは、自分のマスクを作っちゃおう! ──東京和晒(東京)が2020年6月に発売した「夏のさらしマスク」は、熱中症予防の為に、「通気性を良くする」つまり「息がらく」なことを最大の目的に開発。その後、夏だけではなく年間を通して使えるということから名称を「らくなさらしマスク」に変更した。

 ただ、日本の縫製業は小規模で、マスクの生産力には限界があるため、このほど、多くの人がこのマスクを自分で作って、「らくさ」を体験、熱中症対策の一助になれるようにと、マスクの作り方と型紙を公開! さらしマスクの製作キットを8月6日に発売した。

_prw_PI2fl_rgUu5zQZ

 この製作キットに入っている、さらし生地は、国内の衛生材料を漂白している工場でのみ製造、サイズは0.5反(巾約34cm✕5m)で標準サイズのマスクを約20枚以上作ることができる。自分で作る「らくなさらしマスク」説明書付きだ。

 作る際には、不織布マスク、布用接着剤、ハサミ、アイロンを用意。布用接着剤を使って作るため、針と糸の裁縫が苦手な人や子どもでも作ることができる。また、一つのキットセットで20枚のマスクができるので経済的! 小学校低学年から大人までいろいろなサイズのマスクを作ることが可能だ。キット販売価格は900円(税別)。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ