Jリーグも視野に、DF井手航輔 米国出身、4カ国語に堪能

プレーを見せる場が最優先と話す井手
プレーを見せる場が最優先と話す井手

 今年6月までサッカーのスペイン1部リーグ、レガネスと契約していたDF井 手航輔(22)が新たな移籍先を求めている。レガネスの下部組織に所属してい た昨季は、新型コロナウイルスの影響で十分な活動ができず1月末に帰国。東京 都内で練習を重ねながら、目標である東京オリンピック出場に向け、欧州だけで なくJリーグも視野に入れて活躍の場を探っている。  米カリフォルニア州で生まれ育った井手は、日本語、英語、スペイン語のほか、 ドイツのアレマニア・アーヘンU―23でプレーしたこともありドイツ語も話す。 プレースタイルは右サイドバックからの積極的な攻撃参加、素早い攻守の切り替 えが特長。「言葉の不安がないので、ほかの選手や監督とコミュニケーションを とりやすく、戦術の理解も早い」という。

都内で練習を重ねる井手(アミフィアブル提供)
都内で練習を重ねる井手(アミフィアブル提供)

 欧州の移籍市場はこれから本格化するが、プレーを見せる場をつくるのが最優 先と、国内外からオファーが届くのを待っている。Jリーグは井手から見ると海 外リーグの感覚で「レベルも注目度も高い。挑戦のしがいがあるリーグ」と話す。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ