近畿大学水産研究所のレストランが東京駅にオープン! 養殖魚を中心に“実学”の成果を提供

main

 大学発のベンチャーは珍しくないが、大学が運営するレストランには行ったことがある? 近畿大学(東大阪市、以下近大)と近大発のベンチャー「アーマリン近大」(和歌山県白浜町)は共同で、3店舗目となる養殖魚専門のレストラン「近畿大学水産研究所 はなれ」を、東京駅のエキナカ商業施設「グランスタ東京」にオープンした。グランスタ東京そのものの開業が新型コロナウイルスの影響で延期されていたが、晴れて8月3日(月)のオープンとなった。

 「近畿大学水産研究所 はなれ」は大阪・銀座の既存店とは異なり、近大が稚魚まで育てた“近大生まれの魚”を中心としたメニューが特徴だ。焼き魚と近大生まれのマグロのお造りが味わえる「近大づくし朝御膳」は税込み1,650円。焼き魚は、近大が養殖した“近大卒の魚”を日替わりで提供する。「近大紅白手桶寿司」(同2,200円)は、おめでたい紅白をマグロとマダイで表現した一品。そのほか、「マグロづくしの手桶寿司」(同2,950円)や「近大バラちらし寿司」(同1,650円)などがある。

 お米も近大農学部が監修した「金賞健康米」を使用する徹底ぶり。近畿大学のお味、一度試してみてはいかが?

「近畿大学水産研究所はなれ」(KINDAIUNIVERSITY AQUACULTURE RESEARCH INSTITUTE RESTAURANT ANNEX)

住所:東京駅エキナカ商業施設「グランスタ東京」1階

営業時間:月~土 8:00~22:30(LO.22:00)、日・祝 8:00~21:30(LO.21:00)

客席:24席

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ