泊まれる本屋の新業態! 東京・高田馬場にカフェ「STAND by bookandbedtokyo」オープン

main

 “泊まれる本屋”として開業時に話題を集めたホステル「BOOK AND BED TOKYO」(アトリエブックアンドベッド・東京)。その新業態となる本をテーマにしたカフェ「STAND by bookandbedtokyo」が、8月26日(水)にオープンする。場所は文学の街・高田馬場。JR高田馬場駅の改札外(早稲田口)という好立地でのスタートだ。コーヒー・ランチメニューのほか、夜はサワードリンクが看板メニューに。もちろん本棚が設置されていて、誰でも自由に本が借りられる。

 

sub2

 もっとも、同社も新型コロナウイルスによる営業縮小などで厳しい経営状態での船出となる。そこでクラウドファンディングサイトで多くの人に支援を求めている。リターン例は、1)新店舗を事前に見学できる招待券(3,000円)、2)オリジナルデザインのロンググラス(3,000円)、3)BOOK AND BED TOKYOの宿泊券(3,850円)など。支援の受付は8月7日(金)まで。

カフェ「STAND by bookandbedtokyo」

場所:東京都新宿区高田馬場1-35-1 JR高田馬場駅 早稲田口改札外

開業日:2020年8月26日(水)10:00

営業時間:(平日)7:00~23:00、(土曜)8:00~23:00、(日祝)8:00~22:00

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ