猫もリモートワークの時代!? ネコリパブリックの新企画「Remote Cats」スタート

main

 外出自粛でリモートワークが進んだのはどうやら人間だけではないようだ。

 保護猫と触れ合える機会を提供するカフェ「ネコリパブリック」(岐阜市)も緊急事態宣言の発令で休業を余儀なくされていたが、その間も店舗の維持費や猫たちの食事代はかさみ、現在も厳しい経営を強いられている。そこで猫たちにも新しい働き方を模索してもらおうと、ネコリパブリックは猫関連商品を動画でプロモーションする企画「Remote Cats #猫もリモートワーク中」をスタートした。

猫砂_0605_4

 Remote Catsでは5匹以上の保護猫がWeb会議アプリのZOOMに参加。視聴者に猫たちの気まぐれな“リモートワーク”ぶりを見てもらいつつ、該当商品を同一画面に表示させることでそのプロモーションを行うという企画だ。リモートワークを行うのは、サビ猫の「ひなちゃん」、茶白イケメンの「ジョルノくん」、スタイル抜群の「みぃやちゃん」ら6匹の保護猫たち。第1弾のプロモーション商品は、スリーズ(東京)が7月中旬に発売予定の、尿検査ができる猫砂「しぐにゃる」。尿成分によって5色に変化するこの猫砂を使えば、毎日の排泄で猫の健康状態を把握することが可能だという。今後の配信時間(予定)は、7月9日(木)と7月16日(木)の17:30~19:30。ZOOMの様子をYouTubeで配信する。日時は猫たちの状況で変更する可能性がある。

 かわいい猫たちのリモートワークぶりをぜひご覧あれ。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ