何を作ってもおいしい料理家のレシピ集 味付けはどうやって?

藤井恵 繰り返し作りたい定番料理
藤井恵 繰り返し作りたい定番料理

 “調味パーセント”がキーワードだ。料理家生活20年の藤井恵さんが、その秘密を初めて公開した『藤井恵 繰り返し作りたい定番料理』(主婦の友社・東京、税別1,500円)が重版の人気だ。外食の機会が減り、家での献立もアイデアが尽きて疲れている昨今、「おうちご飯にたくさんのレパートリーは要らない」という考え方が“家庭の調理人”を癒やしてくれる。

著者: 藤井恵
著者: 藤井恵

 調味パーセントとは、調味料の分量を材料の重さに対する割合で表した数値。藤井さんは料理の味を大きく左右する塩分や糖分の量を、この調味パーセントを考えて計算しているのだそうだ。 塩分の調味パーセントは、人間の体液の塩分濃度と同じ約0.9%が基準。糖分は、甘さ控えめで2%、甘めなら5~6%。たとえば100gのキャベツなら、塩は約0.9g。しょうゆなら小さじ1が塩分0.9gだ。

 そして「この1冊があれば家庭料理は十分」というレシピを厳選してあるから、これを基本として、好みの食材は調味パーセントを念頭に味付けすれば、何を作ってもおいしい料理人誕生だ。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ