30cm四方の涼感スペース 目から味わう涼しさでエコな暑さ対策を

main

 すでに梅雨時期で蒸し暑いけれど、これから本番に向かっていく夏の暑さ対策。エアコンや扇風機を上手に使って熱中症には十分気を付けたいが、気分的にも涼しさを感じる工夫をしてみたい。スパイス(名古屋市)は、ガラスと木を組み合わせたフラワーベース「BOLD」の販売を始めた。30cm四方のスペースがあれば、BOLDのガラスベースに水をさし花や植物を生け、涼しさを演出できる。

sub6

 水を張ったガラスベースは、植物を生き生きと引き立ててくれる。水を入れて葉っぱを浮かべるだけでも、部屋の中に水がある景色が、心地よさを届けてくれそうだ。植物をさすガラスベースとしてだけでなく、アクアリウムのように楽しんだり、LEDライトやポプリを入れてアロマが香る明かりを演出したりすることもできる。木のカバーは取り外しができるので、水の入れ替えや手入れもスムーズ。目から味わう涼しさで、エアコンの温度を1度2度上げてもいいかなと、少し省エネができるかも。税込み4,180円~4,950円。購入はスパイス直営オンラインショップから。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ