コロナから考える外国人住民への緊急時対応 中野区長と外国人住民のオンライン懇談会を開催

2019年開催の「中野区長と外国人留学生の懇親会」の様子
2019年開催の「中野区長と外国人留学生の懇親会」の様子

 行政や医療機関での手続きは、日本に住む日本人でさえ面倒で大変なことが少なくない。外国人ならなおさらだ。新型コロナウイルスの感染拡大が始まってから、さまざまな事情で日本にとどまっているものの、医療機関の受診に不安を抱えたり、支援を求める手続きが分からなかったり・・・という外国人住民の声は多い。明治大学国際日本学部 山脇啓造ゼミナール(多文化共生論)は、7月1日18時から、酒井直人中野区長と外国人住民の懇談会「コロナから考える緊急時の外国人住民への対応」をオンラインで開催する。

 中野区に暮らす外国人は近年急増。新型コロナウィルスの影響で今年2月以降やや減少しているものの、2万人近い外国人は、住民の5.6%を占めている。今回は韓国、中国、アメリカ、シリア出身の学生をはじめ、外国人住民や日本人もふくめ約10人が参加。誰にとっても住みやすい街にするために何が必要かを議論する。聴講もできる。6月23日締め切り。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ