息をするたびに-2℃!? キシリトール加工の夏用マスク

main

 気温が25度を超す日は、自分の呼吸でマスク内が蒸れ、マスクを着用しているために気温以上に暑く感じてしまうことだろう。今年の夏は猛暑が予想されているから、この状況は気温の上昇とともにひどくなる。そんなマスク対策としてヴィリーナジャパン(東京)は、キシリトールの吸湿冷感で息をするたびに-2℃が体感できる「抗菌・抗ウイルスのクレンゼクールブレスマスク」を6月19日(金)の正午に発売する。

 キシリトールには、身体から出る汗・蒸気・息などの水分を吸湿して2~3℃温度を下げる働きがあるそうで、キシリトール加工済みのクレンゼクールブレスマスクは、吸う息の温度が通常よりも約2℃下がるという。素材は綿100%。抗菌・抗ウイルスで、速乾・消臭・UVカットの効果もあるという。大人用はオフホワイト・ライトグレー・ネイビー・ローズの4色で税別2,500円。子ども用はオフホワイト・ネイビーの2色で同2,200円。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ