ジャムや果物でアレンジも おうちで作るレアチーズケーキ【おうちdeおやつ】

レアチーズケーキ

 暑くなってくると、オーブンを使った焼き菓子から遠ざかる。作る側には、キッチンの室温が上がらないゼラチンものがうれしい季節だ。人気はレアチーズケーキ。ビスケットを砕いて作る生地も簡単で、出来上がりに果物やジャムをのせるなど、色合いのアレンジも楽しい。もっとも、丸い型で作ると冷蔵庫の場所をとる。そこで今回はパウンド型(横18×縦7×高さ6.5cm)で作ってみた。

【材料】

(ビスケット生地)

・グラハムクラッカー 100g

・無塩バター 50g (湯せんで溶かしておく)

(チーズのフィリング)

・クリームチーズ 150g (室温に)

・グラニュー糖 60g

・バター 20g (室温に)

・サワークリーム 30g

・レモン汁とレモンの皮 半個分

・板ゼラチン 5g (水でふやかしておく)

・生クリーム 150㎖

【作り方】

①(ビスケット生地) グラハムクラッカーをフードプロセッサーで、もしくはビニール袋に入れてめん棒で叩くなどして砕き、溶かした無塩バターを混ぜ、ラップを敷いたパウンド型の底に敷き詰める。

②クリームチーズとグラニュー糖をホイッパーで混ぜ、バター、サワークリーム、レモン汁、レモンの皮を加えながらよく混ぜる。

③ふやかしておいたゼラチンを、ラップをせずにレンジに約20秒入れて溶かし、②に加えてよく混ぜる。

④生クリームを七分立てにして③に加えて混ぜ、生地を敷き詰めた型に流し入れ、冷蔵庫で約3時間冷やして固めたら完成。お好みでジャムや果物を添えても。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ