100年ぶりの展覧会 国立科学博物館で「時」を見る

時の記念日100周年企画展 『時』展覧会2020
時の記念日100周年企画展 『時』展覧会2020

 6月10日は「時の記念日」。1920年、国立科学博物館の前身である東京教育博物館で、当時、時間をあまり気にしていなかった庶民に時間厳守を促そうと、時間をテーマにした「時」展覧会が開催された。その人気をきっかけにできた記念日だ。それから100年。同館で「時の記念日100周年企画展 『時』展覧会2020」が開催される。期間は6月5日から7月12日。

 地球館2階では、1920年当時の様子を紹介。第1回の記念日では東京各所で時間を大切にする呼び掛けが行われ、正午の時報に合わせて大砲や工場の汽笛、寺院の鐘が一斉に鳴り、東京は“響きの都”になったという。記念日は、日本人に「秒」を意識させた初めての大々的なイベントとなり、その後の日本人の時間意識にも影響を与えた。日本館地下1階多目的室では、日本における時計100年の技術の進歩と「時」の研究最前線が紹介される。

 現在、入館には予約が必要。来館前に公式ホームページを確認しておこう。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ