電車のつり革は持つ?持たない? 接触を回避するグッズ「HAND HOOK」

czMjYXJ0aWNsZSMxNjE4OSMyNDMzNDkjMTYxODlfVktTaWV0VXRLdC5wbmc

 緊急事態宣言が解除され、久しぶりの電車通勤が始まったという人も多いかもしれない。全国的に新型コロナウイルスの新規感染者が落ち着き、少しずつ経済活動を再開というところだが、コロナ感染のリスクがゼロになったわけではない。電車に乗る時、車内のつり革にはつかまる?つかまらない? できれば不特定多数の人が触るところは避けたいというのが本音だろう。そこで便利なグッズを紹介。STG(大阪府八尾市)は、つり革や手すりに触れずに電車やバスを利用することができる接触防止のツール「HAND HOOK(ハンドフック)」の予約販売を開始した。

czMjYXJ0aWNsZSMxNjE4OSMyNDMzNDkjMTYxODlfYXJLcXRRUm5mRS5KUEc

 HAND HOOKには純銅製(税込み1,760円、43g)と真鍮(しんちゅう)製(同1,650円、銅含有率61.8%、41g)の2種類があり、女性でも使えるようスタイリッシュなデザインに仕上げている。抗菌素材として注目される銅を使用。名前の通りフックのような形をしていて、手で触れることなくつり革につかまることができる。専用カバー(同330円)はレッドとブラウンの2色。ドアを開けたり、エレベーターで行先ボタンを押したりする場合にも使えそうだ。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ