口元、水でひんやり ウォーターマスクで暑さを乗り切ろう!

img_213061_1

 冷やしマスクが話題だが、こちらウォーターマスク。暑い夏に向けた熱中症対策として、水で濡らして使用する「ウォーターマスク」(オーシン・福井県越前市)が発売された。

 マスク内に天然パルプ保水シートを内蔵。マスクを水に浸し絞って装着する。水分が蒸発する際に周囲の熱を奪う気化冷却効果で、口元がひんやり快適に。外側は布素材、内側はメッシュ素材で、繰り返し使用できるマスクだ。ベージュ、ピンク、ブルー、グリーンの4色。サイズも大人用(12×16cm)と子供用(9×14cm)がある。1枚990円(税込)。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ