なぜ人はそんな行動をするの? 教養としての心理学用語や理論を、図解でおさらい!

main

 コロナ禍は、肉体や経済のみならず、われわれの心理状態にもダメージを与えた。感染への恐怖、外出自粛でたまるストレス、ルールを守らない人への怒りなど、人間の心理にも改めて注目が集まったと言っていいだろう。そんな中、人間の心を読み解く学問として発達した心理学を、すっと理解できる易しい図解用語辞典が登場した。

 ユング、フロイト、アドラーなど96人の心理学者と、「自我」、「同調」、「集団圧力」、「コンプレックス」、「ドライブ理論」など150以上の心理学用語をビジュアル付きで解説した『図解 心理学用語大全 人物と用語でたどる心の学問』(誠文堂新光社・東京、税別1,800円)だ。編著を担当した田中正人氏は、ベストセラー『哲学用語図鑑』(プレジデント社)などの著者で、難解な内容を分かりやすく伝えることに定評がある。今回は、対人心理学者の齊藤勇教授の監修で、玉井麻由子氏のイラストをふんだんに活用しながら、知っていそうで実はきちんと理解できていない言葉や、現象は知られていても仕組みを知らない人も多い理論などを分かりやすく紹介している。

 この本の最大の特徴は、「深い」こと、そして「つながる」こと。用語同士の関連、心理学者の関係性などにも触れていて、辞典として使うだけでなく、トータルで読み通せば、心理学の分野を一望できる。元陸上選手の為末 大氏は、この本を「60分で心理学をおさらいできる本」と表現している。社会でいろんなことが起きようとも、カギになるのは人間の心理。教養としての心理学をここでおさらいしておくのも、悪くないかもしれない。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ