子どもはゲームや動画に夢中で勉強しない!?親のストレスはMAX? 休校期間中、自宅学習の利点&感じた課題は?

 

  新型コロナウイルス感染拡大により出されていた緊急事態宣言が39県で解除され、来月から多くの地域で学校が再開される見通しだ長かった休校中の自宅学習有意義に過ごした人、親子でストレスを抱えた人など状況はそれぞれだろうそこでこれまでの休校期間中の自宅学習を振り返り、オーヴォ編集部は子どもの休校中、自宅学習で良かったことや感じた課題は?」という調査をしてみた。    

  調査は、J:COMの投票機能を使って5月11日~18に実施し、男女355人から回答を得た(コア層35~49歳)。回答のトップは「親の負担が大きい」29%だった。子どもが小学生ぐらいの家庭だと親が在宅勤務の場合家事仕事を両立しつつ、教師代わりとな学習面倒を見なければいけない。通常勤務の場合学習の準備帰宅してからの学習指導で大変だったという人多いのだろうそろそろ仕事と家事、そして子どもの学習の全面サポートの三つ巴限界を感じている保護者多いのかもしれない 

  以下、「ゲームや動画に夢中」(21%)「自発的に勉強しない」(13%)「運動面が不安」(10%)「料理など家事全般を学ぶ機会に」(7%)「学校の課題が多くて大変」(6%)「勉強で親子の時間が取れた」(6%)「無理に勉強をさせてしまった」(4%)「通信教育で十分」(2%)「苦手部分が克服できた」(1%)という結果となった。 

  今回の調査で休校中の自宅学習について「親の負担が大きい」、「ゲームや動画に夢中」、「自発的に勉強しない」など半数以上の人がネガティブな印象や課題を感じていた一方、「料理など家事全般を学ぶ機会になった「勉強で親子の時間が取れた」「苦手部分が克服できた」など自宅学習を有意義に活用できたという人は少数にとどまった 

  自宅学習課題や問題学年や家庭によってさまざま特にゲームや動画視聴などの誘惑が多い自宅環境学校と同様に机に向かわせることの難しさを改めて感じた家庭多いだろうまた普段は家にいることが少なかったお父さんは在宅勤務により子どもとの勉強を通して、子どもとの距離を縮めたなどの良い面もそれなりにあったかもしれない来月からの学校再開はコロナ第2到来の不安もあるが、コロナ終息したには、子どもの成長を振り返りつつこの時のことを笑って話せる貴重な経験となっていることを祈りたい 

 

 

 

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ