「#食べてもらえる」Twitterキャンペーン! 回転寿司・焼き鳥屋など7チェーン店が合同企画

sub1

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う営業自粛や外出の自粛で多大な影響を受けている飲食業界。少しでも店の味を楽しんでもらいたい、外出自粛後はまた店に来てほしいという願いを込めて、チェーン店7社が合同の「#食べてもらえる」Twitterキャンペーンを実施している。テイクアウトもしくはデリバリーで食事を楽しんだ後に、その様子をハッシュタグ「#食べてもらえる」を付けて投稿すると、抽選で70人に商品券や人気メニューなどのプレゼントが当たるキャンペーンだ。応募期間は5月31日(日)まで。

main

 「#食べてもらえる」Twitterキャンペーン参加店:ウェンディーズ・ファーストキッチン、魚民、くら寿司、小僧寿し、やきとり家すみれ、牛角、備長扇屋

 キャンペーン概要:期間中、対象の飲食店いずれかで「テイクアウト」もしくは「デリバリー」を注文・購入し、商品や商品を楽しんでいる様子をハッシュタグ「#食べてもらえる」付きでTwitterに投稿すると、抽選で景品がランダムに当たる(応募条件:Twitterアカウントを「公開」にすること)。当選者には、6月10日(水)までにキャンペーン事務局のTwitterアカウント(@tabetemoraeru)から連絡が届く。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ