女性の生涯に寄り添う町の助産師さん 育児の悩みも病院外で気軽に相談

イメージ
イメージ

 “助産師さん”というと出産時のサポートをする職業のイメージが大きいが、それだけでなく、 性教育や妊娠、 育児、 更年期など、女性の生涯に寄り添う看護職だ。しかし、出産後は赤ちゃんの健診時ぐらいしかご縁がなくなってしまうことも多い。With Midwife(大阪市)は、「出産のときだけ」「病院にいる時だけ」のイメージだった助産師を、女性やその家族にとって身近なものにし、気軽につながることができるようにと、 全国の助産師の活動地区や専門分野を可視化するプラットフォームサービス「Meets the Midwife」の提供を始めた。 産後うつや児童虐待、女性の働きやすさなどの社会問題の解決の一助となることを目指す。

 「Meets the Midwife」では、それぞれの助産師の活動地区や専門分野だけでなく、写真や詳しいプロフィール、その助産師の活動への思いなども掲載。情報は助産師が自ら更新でき、最新の情報をユーザーに届けることで、助産師と、助産師のケアを受けたい人がよりスムーズに出会える。

 新型コロナウイルス感染拡大により、 全国で両親教室など妊産婦向けのイベントが中止となっている。 妊産婦だけでなくパートナーが子育てを学ぶ機会も減っており、それは結果的に産後の支援不足にもつながっていく。 同社によると、外出自粛の中、 自宅で過ごすことによりストレスがたまり、 DVや望まない妊娠が増えているといい、さまざまな状況下の女性が、「Meets the Midwife」をのぞいて、相談する助産師を自分で選び、安心して話せる人や環境を手に入れてほしいとしている。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ