AIによるコロナ受診相談サービス 適切な受診先・タイミングをサポート

d57275-1-754162-0

 多くの病院で、新型コロナウイルスによるクラスター感染が発生している。患者を治療する病院である以上、常にリスクはあるのだが、感染を自覚していない患者の来院でさらに感染が拡大してしまったケースもあるだろう。日本医療受診支援研究機構(東京)の有志は、不要な受診を減らし、必要な人が適切なタイミングで病院にかかれるよう開発した、事前問診サービス「AI受診相談ユビー新型コロナウイルス版」(https://ubie.app/)をリリースした。

 AI受診相談は、多くの人の不安を減らし、受診すべきタイミングで病院に行ってもらうことをサポートするシステム。緊急度が高くない患者には日中にかかりつけ医にかかることを提案するなど、必要な人が救急医療を受けられるようにすることで、少しでも医療崩壊が起こるリスクを減らそうという取り組みだ。約5万件の医学論文のデータを基に病名と対処法を調べることができるこのAI受診相談。最初に「気になっている症状」など約20の質問に答えると、可能性が高い病名を表示し、近くの医療機関への受診・公的機関への相談など取るべき行動を提案する。新型コロナウイルスの症状に該当する場合はアラートが出る。

 咳や熱があると「自分もコロナかも」と不安になる人は多いだろう。そんな時はAIに相談してみて、冷静に対応するよう心掛けよう。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ