まるで博物館にいるかのよう! 3D+VRで国立科学博物館を楽しもう~

main
3Dビュー+VR映像 (国立科学博物館)

 休館が続く国立科学博物館をはじめとする美術館・博物館。本来なら、GWの連休中に博物館巡りをしようと計画していた家庭もあるだろう。感染の拡大防止のために3密となる場所は避けなければいけないが、少しでも展示内容を楽しんでもらおうと、国立科学博物館は3Dビュー+VR映像でのコンテンツ提供「おうちで体験!かはくVR」を始めた。

sub2

 VR革新機構(東京)の協力の元、展示室全体を高画質像で撮影。自宅にいながら科学博物館の展示が鑑賞できるようになっている。コンテンツは「日本館」と「地球館」の2つ。3ⅮビューはPCもしくはスマートフォンで楽しめるが、VR映像鑑賞にはVR専用のゴーグルもしくはVRメガネが必要。同館の研究者が解説する、展示内容がさらに面白くなるポイントを説明したYouTube動画「おうちでかはく、科学に触れる時間」も配信している。

 長引く可能性がある外出の自粛要請。家族全員で“科学の時間”を持つのもいいかも。

 

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ