コロナ禍で余った「魚型のしょうゆさし」の除菌液!? 持ち運び便利で頼りになりそう

main

 新型コロナウイルス感染症( COVID-19)に関する対策が数多く発表されているが、そうした中、除菌抗菌液「クリアンスEX」を販売するクリア電子(東京)、調味料の小型容器の製造・充填(じゅうてん)を行う大石屋(埼玉県鴻巣市)、企画とクリエイティブを担当するエードット(東京)は協働して、“#SafeHandFish”プロジェクトを発足させた。

 このプロジェクトは、新型コロナウイルス感染症により世界中で除菌抗菌液が不足し、必要な生活者に流通していない現状から生まれた。その問題を解決するために、日本人になじみのある「魚型のしょうゆさし」に除菌液を充填、食の場面を通して除菌の意識と習慣を啓発し、「個人の衛生管理」の訴求を目的としている。

sub1

 宴会やイベントの中止・自粛により、大量に余っていた調味料容器に除菌抗菌液を充填することで、使い切りサイズの携帯用として、必要な人々に届けることが可能となる。これにより、相次ぐ注文キャンセルで困っていた容器メーカーの救済と、需要と供給がミスマッチしていた除菌抗菌液の課題の解決という、企業と社会にとってwin-winのアイデアを実現させた。

 「魚型のしょうゆさし」は、日本では常に食事のそばにセットで存在する、おなじみの存在。清潔さや安全を象徴する青のキャップで「#SafeHand」のシンボルとなり、「個人の衛生管理」の意識づくりを啓発する。同プロジェクトは、このしょうゆさしに充填した除菌液を、#StayHomeで需要が高まるフードケータリングや中食業界に無償で提供し、生活者のもとへ届ける。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ