おうちで子どもとどう過ごす? 庭やベランダで身近な自然観察

main

 新型コロナウイルス感染対策として緊急事態宣言が全国に拡大したことを受けて、各地の学校の休校が続いている。不要不急の外出も控えるとなると、子どもたちが過ごすのは必然的に自宅。さて、どう過ごそう?

 日本自然保護協会(東京)は、休校中の子どもたちに向け、身近な自然に親しむためのヒント集や教材資料を特設ウェブサイトで公開した(一部5月6日までの期間限定公開)。スマートフォンで表示したり、PDFファイルを無料でダウンロードしたりできる。

「【休校中のみなさんへ】コロナにまけるな! Stay Home with Nature」特設ウェブサイト

 第1弾は、3タイプのコンテンツを提供。「身近な木にひそむ未知のせかいを見つけよう」は、1本の木のみでゲーム感覚で楽しめる幼児~親子向けコンテンツ。「自然かんさつ入門シリーズ」は多数のイラストを用い、小学生から大人まで気軽に自然観察のヒントを得ることができる。「今日から始める自然観察」は、自然を観察するポイントや生き物たちの姿などが並び、小学校高学年から中高生、大学生も自然の不思議に気付ける内容だ。

 家にこもらなければならない現状だが、逆にベランダや庭、家の周りなどごく身近な場所でも自然に触れ、豊かな感性を育む体験ができるチャンスかもしれない。ストレス発散や気持ちの切り替えに、子どもと一緒に楽しんでみてはどうだろうか。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ