細びき製法で食べやすい! お弁当にも最適な「毎日食べたいウインナー」

_prw_PI1fl_2RZzBZi4

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開するフリーデン(神奈川県平塚市)は、全国のスーパーや小売店などで、まったく新しいコンセプトのポークウインナー、「毎日食べたいウインナー」の販売を開始した。

 現在、ウインナーの市場では、若い世代を中心に、「粗びき」で「ジューシー」な、食べ応えのあるタイプが人気だが、年配の人や、小さな子どもがいるファミリーからは「あまり量が食べられない」、「ちょっと重たい」という声も聞かれるという。 そこで開発したのが今回の商品だ。現在の主流である「粗びき製法」とは対照的な、「細びき製法(エマルジョン製法)」を用い、素材を最大限に生かす肉・脂・水分の配合、ケーシングの選定を試行錯誤して、従来にはない「やわらかくて軽い食感」を実現。味付けもできる限りシンプルにして、「くどさがなく、たくさん食べても飽きがこない」ウインナーを完成させた。

 主原料には国内自社農場産の「やまと豚」を使用。冷めても固くなりにくいので、お弁当のおかずにも最適なウインナーだ。電子レンジ調理にも対応しているので、忙しい時間にも温める手間は最小限で済みそうだ。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ