思いを馳せて舌鼓 おとなの週末「江戸前の料理を大特集」

otona2005_H0104.indd

 うなぎ、すし、天ぷら。江戸時代から作り上げられ、愛されてきた江戸の味。食べに出掛けるのはしばし我慢だが、思いを馳せて舌鼓を打とう。おとなの週末5月号『老舗な味、粋な味 江戸前の料理を大特集』(講談社・東京)が発売された。

 今も続く老舗や気鋭の店など、江戸の味を大調査。うなぎ、すし、天ぷらの三ツ星店を紹介しているほか、おうち時間のお供にできる日本ワインや、80種類を食べ比べた缶詰特集もある。スーパーで買える缶詰を実食、サバ、サンマ、イワシ、牛&豚、鶏などジャンルごとにランキング形式で発表している。おうちでおいしいご飯とお酒にありつきたいという人は、これを参考に食材を探してみよう。価格は税込み770円。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ