増えたおうち時間をパン作りに レシピコンテンツ登録者が激増

img_210264_1

 おうちにいる時間、いる人が増えると、料理好きはますますキッチンに向かうし、そうでなくても食卓に関心が向かう人が多いようだ。ふだんからお菓子作りなどに興味がある人にはおなじみの製菓材料専門店、TOMIZ(富澤商店・東京)のレシピコンテンツ、“おうちでパン作り”の利用者が激増している。

 新規登録者は190%増、なかでもシニア層は380%増。売上は130%増だそうだ。新規会員登録者からは、「新型コロナウイルスによる在宅時間の増加をきっかけに、これまでしてこなかったパン・お菓子づくりを始めようと思った」という声が大半を占め、実際にその主材料であるバターと小麦粉の売上が上位を占めているという。

キッチンに広がるパンの香り、焼きたての味。プロのようにはうまくいかなくても、手作りを食べる楽しさで在宅のストレスをちょっと軽減できるかも。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ