正しく恐れるために 岩田医師に聞く、感染症パニックを防ぐリスク・コミュニケーション

main

 分からない、というのは不安だ。だから情報があふれる中でパニックに陥らないためには、専門家の分析を探しては読み探しては読み。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、集団感染が起こったクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船し動画を配信したことで話題となった、神戸大学医学部附属病院感染症内科・岩田健太郎教授の著書『「感染症パニック」を防げ! リスク・コミュニケーション入門』(光文社・東京)が重版された。5刷5,000部の増刷。2014年発売だが、今まさに役立つ“新しい”一冊。感染症界のエースによるリアルで効果的な内容だ。

 エボラ出血熱、新型インフルエンザ、デング熱、SARS、西ナイル熱、炭疽菌等によるバイオテロ……。現代でも、感染症は相変わらず人類を脅かし続けている。目に見えない敵、感染症のリスクを扱うときには、単に患者を診断し、病原体を見つけ、それを殺して治療する以上に、パニックによる被害拡大を防ぐためのコミュニケーションの方法が必要だ。「恐さ」をどのように捉え、いかに効果的に伝えるか。いくつもの感染症のアウトブレイクに居合わせ、“感染症にとりつかれた男”とも言われる医師・岩田健太郎氏が、その経験を交えながら、感染症を題材としたリスク・コミュニケーションのあり方を教える。感染症以外のリスクを扱う立場にいる人にも役立つ、リスク・コミュニケーションの入門書だ。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ