進化するランドセル 子どもの体型に合わせてフィット

main

 小学生でも、登下校時の子どもたちの荷物はかなり多い。低学年で体が小さい頃は、ランドセルを背負ってるんだか、ランドセルに背負われてるんだか?なんて状況の子もいるだろう。子どもたちの負担を少しでも減らそうと、バッグ・ランドセルなどを販売する盛田(東京)は、ボディケアカンパニー「ファイテン」とのコラボレーションで、毎日の登下校をサポートする「リラックスランドセル」を開発。クラウドファンディングサイト「Makuake」での先行販売を始めた。

 背当てクッションには体に合わせてフィットする「メモリーフォーム」(ケー・シー・シー商会の登録商標)を使用し、子どもの背中の形に合わせてフィットすると共に、外部から受ける衝撃を減らす効果が期待できる。肩ベルトクッションには長く使ってもヘタリがしにくい特殊なシリコンゲルクッションを使い、肩からの重圧や衝撃を分散、吸収してくれるという。ランドセルのズレを防止し、身体へのフィット感を高めるチェストベルト付き。

 

 教材の収納面の工夫としては、前ポケットは4段階に調節可能な大容量のフレキシブルポケットを採用。サイドポケットは、リコーダーや折りたたみ傘も入る便利なアジャスター付きとなっている。

 学童クラブからの帰り道に日が傾いてきていても、遠くまで光る反射材が存在をアピールしてくれる。パーツの一つ一つ、縫製、組み立てに至るまですべて日本製。素材はマットな風合いの人工皮革で、表面は特殊コーティングされ、傷にも強い。熟練の職人が丁寧に手縫いした、継ぎ目のないぜいたくな総内張り一枚通しのランドセルだ。卒業までの6年間修理対応の保証付きで、修理期間の代替ランドセルも無料で貸し出してくれる。

 内側デザインにもこだわり、男の子向けはクールなストライプ柄、女の子向けはかわいいドット&リボン柄。カラーは、男の子向けは「ブラック×ブラックステッチ」、「マリンブルー」、「ブラック×レッドステッチ」、「ブラック×ブルーステッチ」。女の子向けは「キャメル」、「ビビッドピンク」、「ラベンダー」、「チョコ」。販売価格は税込み6万9,850円。

sub9 sub10

 一般販売を前にしたクラウドファンディング「Makuake」での先行販売プロジェクトでは、特別割引が用意されている。来年の春に小学校入学を迎える子どものために、今からこだわりのランドセルを検討している人は、チェックしてみては?

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ