猫を助けるのが条件の賃貸住宅? 「SANCHACO」の物件コンセプト&募集説明会を3/22に開催

イメージ
イメージ

「賃貸だって、猫と一緒に暮らしたい」

「働くところにだって、猫がいてほしい」

 「猫が取り持つご縁で、身近な人たちと知り合いたい」 そんな、“ネコファースト”な人たちの賃貸住宅「SANCHACO」が2020年6月、三軒茶屋にオープン予定だ。合同会社シナモンチャイ(事業主・東京)と株式会社チームネット(建築設計監理・東京)は、保護猫譲渡型賃貸住宅「SANCHACO」のオープンに先駆け、物件コンセプトおよび募集説明会を実施する。

 「SANCHACO」は、1階が事務所&店舗、2階・3階がメゾネットタイプの住宅(4戸)になっている賃貸住宅だが、その入居スタイルが変わっている。保護猫譲渡型とうたっているように、1階には、さまざまな事情で保護された飼い主のいない保護猫たちの居場所を確保。賃貸住宅に入居したい場合は、その保護猫を引き取って飼うことが入居の条件のひとつとなる。東急田園都市線三軒茶屋駅から徒歩5分の世田谷区太子堂4丁目という好立地で、賃料は11万7,000円~18万円(共益費別。部屋の面積は28.4㎡~47.4㎡)だ。

 募集説明会は3月22日(日)に行われ、午前の部(10:30~12:00)と午後の部(13:30~15:00)の2回。場所は世田谷区代田 5-35-26 のくらうましもきた(下北沢駅から徒歩2分)。何よりも猫と生活したい人、仕事場に猫がいてほしい人で、新しい住居やワーキングスペースを探していた人は参加してみてもいいかもしれない。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ