おうちで5カ国語を読み聞かせ 各国の童話、中国故事なども

main

 幼い子どもを育てていると、これからの時代、外国語がある程度自在に使えるようになる教育を受けさせてあげたい、と一度は考えたことがある親も少なくないだろう。でも、教室に通わせるのは費用が高額だったり、通わせても期待通りの成果が上がらなかったり…。家でできることをと思っても、教材選びに迷ったり、親自身が外国が堪能なわけではなく、教えるのに限界を感じたり…。いろいろ悩みが尽きず「やっぱり難しいわ」と諦めてしまうケースもあるのでは?

 そんな中登場したのが、多言語教育絵本・マルチリンガル教育絵本アプリ「ことばの宝箱」。100冊以上の各国の絵本が、5カ国語(日本語・英語・中国語・スペイン語・韓国語)で読み聞かせ放題。 月額550円で、世界の童話(グリム童話やイソップ物語)の名作、日本昔話、中国故事、各国の作家によるオリジナル絵本などが、ネイティブナレーションで楽しめる。

sub3

 開発者の増田真由美氏は、日中英のトリリンガルであり、プロの通訳・翻訳者。国際結婚だった両親のもと、幼少期を多言語の環境で過ごし、現在はスペイン語を話す夫と4カ国語(日中英西)で子育てをしているという。増田氏は「多言語の環境で育つ子どもたちは、単一言語で育つ子どもたちよりも発話が遅い傾向にありますが、しっかりとしたバイリンガル・マルチリンガルな環境を作ってあげれば2~3カ国語は簡単に身に付けることができます。子どもたちは皆、言語の天才です。この貴重な時期を逃さないでほしい」とのコメントを寄せている。

 子どもが自分から楽しみ、自然と各国の文化に触れることができたら、知的好奇心も刺激されそうだ。ダウンロードはAppStoreから。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ