家事もアプリでシェアしてみる? 成果を共有、感謝も伝えやすく

 

d54645-1-740517-0

 家事や育児について「手伝う」なんて言ったら、「その姿勢こそ意識が低い!」という声が聞こえてきそう。家事も育児も「シェア」の時代。にもかかわらず、厚生労働省が公表している「男女別家事関連時間の推移」では、女性が家事に費やす時間は男性の5倍以上、という数字も出ているという。やはり、漠然と精神論で「シェアすべき」しようと思うだけでなく、家事を“見える化”し、それぞれ担当を分けることも一つの手。現代のツールを使い、楽しみながら家事シェアをしようという人に、こんなアプリがある。

 ジョブサポート(東京)が、家事の負担を減らし、家族コミュニケーションを増やす機会をとリリースしたアプリ「家事シェアボーード」。初回リリースから約3カ月が経過した今も毎日一定数のダウンロードがあり、現時点でユーザー数1000を超えた。ユーザーとして「20~30代、共働き層」に一定の需要があり、家事・育児の負担を減らしたい、偏りを分担したいと思っている家族が多いことが感じられるという。

 「家事シェアボーード」は、メンバーを招待し、「何を」「だれが」「いつ」やるかの3ステップで登録。自分やみんなの家事の予定を確認したり、タイムラインでやった家事を確認するほか、感謝を送ることもできる。シェアハウスやサークル、ビル管理などで活用しているユーザーもいるそうだ。成果をみんなで共有し、お礼を気軽に伝え合えるアプリ。夫婦で、家族で、仲間間の業務分担に苦心していたら、使ってみては!?

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ