夜は寝るのがもったいない!? 満天の星空で楽しむグランピング、 高知県室戸市に「MUROTO base 55」がグランドオープン!

P1058415
オープンした室戸市のグランピング施設「MUROTO base 55」

   

 近年、流行の「グランピング。グラマラス+キャンピングの造語で、冷暖房が完備された宿泊棟で楽しめるキャンプ体験のことだ。この気軽さが人気のグランピングを体験するべく、OVO取材班は高知県室戸市同地で2オープンした全国的にも珍しいコンテナハウスを利用したグランピング施設「MUROTO base 55」実際に利用してみて感じた魅力を紹介したい。 

  


  室戸観光の新しい拠点「MUROTO base 55」 

廃校水族館
(左)室戸半島。(右)人気の廃校水族館。(右下)イルカと泳げる、ドルフィンセンター。

 四国の右手太平洋に突き出した室戸岬にある室戸市は、黒潮の恵みを受け豊富な鮮魚や世界ジオパークに認定された美しい海岸線が大きな魅力夜に光り輝く満天の星空は闇夜にきらめく宝石箱のよう東京から室戸へのアクセスは飛行機高知龍馬空港まで約1時間。そこから土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線で、終着駅の奈半利(なはり)まで約1時間。さらにバスに乗り換え約30分で到着。決してアクセスがよいとはいえないが、近年は、廃校となった小学校を活用した「むろと廃校水族館」がオープンし、2全国14万人超が訪れるなど、盛り上がりを見せている 

   そんな室戸観光の拠点としての役割を期待されているのが、「MUROTO base 55」「旧ライダーズイン室戸」(ツーリングライダーのための宿泊施設)のロビー棟や宿泊棟を生かしつつ、新たにコンテナハウス(宿泊A)を導入し、グランピング施設としてリニューアルしたものだ同施設は地元企業に管理・運営を任せ、地元雇用の創出、地元産の食材使ったメニューの提供で地産地消を行い、地元還元型のビジネスモデルを構築している。また施設のアイコンとなっている、宿泊棟のコンテナハウスも高知県内の業者が設計から製作・施工までを行い、とことん“MADE IN KOCHI”を目指した 

  

オープニングセレモニー様子
オープニングセレモニーの様子

  2月21日に行われたオープニングセレモニーで室戸市の植田壯一郎市長は「『MUROTO base 55』はIKEA(大手家具量販店、以下イケア)がインテリアコーディネートした待望グランピング施設毎朝、新鮮な魚が水揚げされている室戸で、な食と自然を楽しんでほしいとアピール。

室戸の魅力について語る、室戸市の植田壯一郎市長。

 おすすめの観光スポットについては、「ユネスコ認定のジオパーク、海岸断層、そして室戸岬灯台から見る『だるま夕日と朝日』(水蒸気などの気象条件よって太陽がだるま型に見える現象)。スーパームーンの時には、月までがだるま形見えることもあります。人工的に作ることができない室戸の大自然を満喫してください」と、室戸の魅力を語った。 

 


全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ