新旧“踊り子”乗り比べ 往復路で楽しむプラン

img_205835_1

 首都圏などから週末旅に便利な伊豆・下田。春の足音が聞こえてくる時期、往路は運行を終了する「スーパービュー踊り子」に、復路は新しい「サフィール踊り子」に乗る「伊豆・下田フリープランの2日間の旅」(阪急交通社・大阪市)が発売された。3月13日限定だ。

 「スーパービュー踊り子」は、大きな車窓が特徴のJR列車251系車両。1990年から約30年にわたり運行してきたが、ダイヤ改正で3月13日に運行を終了する。翌14日デビューする後継車両は「サフィール踊り子」。プレミアムグリーン車、グリーン個室、グリーン車、カフェテリアで編成され、全席グリーン車仕様。車内は天窓が設けられ、開放的かつゆったりとした空間が特徴だ。

 最後の日を迎える「スーパービュー踊り子」と運行初日の「サフィール踊り子」双方に乗車し、新旧の“踊り子”車両を乗り比べられる貴重な旅だ。料金は宿泊費も込みで、大人一人4万2,900円(2名一室時)。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ