auがコンパクトな縦折りたたみGalaxyスマートフォン発売

main au(KDDI)は、サムスン(サムスン電子ジャパン)開発新しい折りたたみスマートフォンGalaxy Z Flipを、2月下旬に発売する。縦型の折りたたみ機構により、開いたときは6.7インチの画面、閉じれば手のひらにのる小型サイズとなる。色は、パープルとブラックの2タイプ。 

  折りたたみ式の前モデルが横方向だったのに対して、Galaxy Z Flipは携帯電話のような縦型の2つ折りとして、折りたたんだときは角形のコンパクトケースのようになるのがポイント。 

  ベゼル(縁部分)がほとんどなく本体のいっぱいに広がった有機ELによる約6.7型の画面は、スクリーンを折り曲げられる極薄ガラス素材を採用して、折り目が目立たないようになっている。上下2画面で別々に2つのアプリを使うことが可能。上の画面で動画を見ながら、下の画面でネット検索をするというような機能的な使い方ができる。 

  開閉を途中でも止められる構造によって自立もさせられ、ハンズフリーのビデオ通話やローアングルやカメラをセットした状態での撮影が可能。また折りたたんだ状態でもカメラが起動するので。解像度の高いメインカメラのでより画質のよいセルフィ―ができる。 

  8GB RAMと最新CPUによって、ライブ配信やビデオ通話、ゲームなどの同時処理にも対応。ストレスのない素早くスムーズな操作ができるとしている。大きさ(開/閉)と重さは、高さ167/87×幅74×厚さ7.2/15.5mm・183g。 

 

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ