「麒麟がくる」の魅力が倍加 「びわ湖大津・光秀大博覧会」を開催

光秀大博覧会_ガイドブック_4ラフ3

 1月19日(日)に放送が始まった、明智光秀が主人公の大河ドラマ「麒麟がくる」。滋賀県大津市は、明智一族の菩提寺である西教寺があるなど、光秀を語る上では外せない都市の一つだ。その大津市で、3月8日(日)から「びわ湖大津・光秀大博覧会」が市内4つの拠点(禅明坊光秀館・西教寺・滋賀院門跡・大津市歴史博物館)で開催される。

 この博覧会では、大河ドラマの魅力や世界観を楽しめる展示をはじめ、さまざまな角度から光秀公の姿に迫っているので、大河ファンには必見となりそうだ。歴史と自然あふれる町並みも合わせて楽しもう!

「びわ湖大津・光秀大博覧会」

会期 :3月8日(日)~2021年2月7日(日)
会場 :①禅明坊光秀館(西教寺)②西教寺③滋賀院門跡④大津市立歴史博物館
料金: ①②③の三館セット1,200円(通常1,500円)

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ