何の肉か当てる「ききジビエ」 ダチョウからラクダまで

ジビエ炭火焼きグリル(イメージ)
ジビエ炭火焼きグリル(イメージ)

 狩猟で獲った野生の鳥獣、ジビエ。秋口に季節の味として楽しむ人も増えているが、身近なところで入手できるジビエは限られている。そこで、多種類のジビエを食べながら何の肉かを当てて楽しめる店を紹介。東京・浜松町にある「町屋個室×肉バル ジビエズマーケット 大門・浜松町店」だ。今まで知らなかったジビエの味を発見できるかもしれない。

罰ゲームテキーラ付き『ききジビエ』
罰ゲームテキーラ付き『ききジビエ』

 “ジビエ通”をかけた勝負を楽しむ「ききジビエ」(980円)のサービスが、2月15日~4月30日まで開催される。定番の鹿・猪・馬だけではなく、カンガルーやダチョウ・ラクダなど珍しいジビエが味わえる名物「ジビエの炭火焼グリル」。全12種類のジビエの中から日替わりで3種が盛り合わせで登場し、どれがなんの肉かを食べながら予想する。それぞれのジビエの特徴を書いた紙がヒントだ。“罰ゲーム”として、テキーラ一杯の無料サービスもある。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ