FiiOからハイレゾ再生も可能なBluetoothヘッドホンアンプ登場

0129 FiiOからハイレゾ再生Bluetoothアンプ-img

 ポータブルオーディオデバイスのFiiO(フィーオ)から、Bluetoothアンプ「BTR5」が、1月28日に発売された。スマホとワイヤレスでつながり、ハイパワーで高音質なサウンドをヘッドホン/イヤホンに送り出す。市場予想価格は1万4,000円前後としている。取り扱いは、輸入オーディオ機器のエミライ(東京)。

 音質に重要なDACには、アンプ統合型で高い評価を受けているES9218Pを左右独立で2基使い、低ノイズ、低歪みな高出力を得ている。Bluetoothレシーバーは接続が安定したクァルコムCSR8675を使い、ハイレゾグレードの主要な高音質コーデックAAC/aptX/apt X HD/LDACに対応。またX MOS社製USBコントローラーICにより、PCM384kHz/32bit、DSD256のファイル音源に対応するUSB DAC機能も備えている。ヘッドホン出力は、3.5mmステレオミニと2.5mmバランスの2系統。充電池を内蔵し、1.5時間の充電で最大約9時間の連続再生ができる。大きさと重さは、幅32×高さ72×厚さ11.1mm・43.7g。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ