ふるさと納税でもらえるマスク ウイルスも花粉もブロック

イメージ
イメージ

 新型コロナウイルスで、ふだんはほとんどその習慣がないヨーロッパの国々でも、薬局で売り切れ続出のマスク。日本でも、ウイルスはもちろん、花粉の飛散量が増える時期に向けて必需品。そこで、ふるさと納税ガイド(カリーグズ・東京)が、マスクや消毒剤の返礼品をまとめてくれている。

 たとえば、「病院でお医者さんも使っているマスク」こと、「ホギ メディカルマスク」がもらえるのは、静岡県 島田市、茨城県 美浦村などで、寄付金額1万5,000円~。医療現場で使われている、BFE(細菌ろ過効率)99%以上の「オオサキメディカル製プロフェッショナルマスク6箱」がもらえるのは、愛知県岩倉市。寄付は1万円。忍者のまち、滋賀県甲賀市は、活性炭入りの黒い「にんたんマスク」(3枚入×10箱セット)だ。寄付は1万4,000円。かぜや花粉予防はもちろん、「忍者感」が増す効果もあるとか…。返礼品が届くまで、早くても2週間ほどかかる。備えの一つとして検討してみるのもいいかもしれない。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ