年末年始で平均2.6キロ増!? 「正月太り」に関する調査

 正月に食べ過ぎて、ダイエットをしなければと思っている人が多いかもしれない大正製薬(東京)はこのほど、20~30代の働く女性を対象とした「正月太り」に関する調査を実施した。 

 1_normal 最初に事前調査として20~30代の働く女性2,000人を対象に、「年末年始のタイミングで体重が増えた経験があ?」と聞いたところ78%が「ある」と回答。なんと大多数の女性が正月太りを経験! そこで今回は、実際に正月太りの経験を持つ女性500人に聞いた 

2_normal  まず、「これまでに、正月太りで最大何キロ体重が増えたか?」と聞いたところ、平均は「2.6キロ」という結果。数日の年末年始のあいだで、体重が大きく増えてしまった女性が多い様子がうかがえる。また、「正月太りの原因」としては、「食事量が増えたから」(94%)、「カロリーの高いものを食べる機会が多かったから」(66%)、「運動をする機会が減ったから」(51%)などが上位に入った。 

  さらに、「年末年始の休暇が長いほど、正月太りをしやすくなると思う」と答えた女性が97%に。今年の冬は、12月29日が日曜、1月3日が金曜でその後も休みが続き、9日間の大型連休になった企業も多かったため、いつも以上に正月太りしやすい年であったかもしれない。 

  一方、「正月太りの後、体重を元に戻すためにダイエットをしたことがあるか?」との問いに、63%が「ある」と回答。年末年始に増えた体重をそのままにすることなく、意識してダイエットに取り組む人が多いようだ。 

  ただ、「正月太り解消のダイエットは挫折しやすい」と感じている女性が85%となっている。その理由は、「寒くて運動したいという気持ちにならない」(80%)、「新年会など飲み会やイベントの機会が多い」(59%)、「厚着でごまかせるため後回しになってしまう」(41%)などが挙げられていた。実際にダイエット経験者の68%が、「正月太り解消に向けたダイエットの途中で挫折した経験がある」と回答している。 

  具体的な「正月太り解消のダイエット方法」について聞くと、「食事制限」が87%で最多で、「筋トレ」(43%)、「有酸素運動」(36%)などが続いた。美容家・ダイエットインストラクターの飯塚美香氏は、「食欲を上手にコントロールしながら、ストレスをためないように工夫することがダイエットに挫折しないためのコツ」と指摘。「どうしてもおなか満たしたいという時は極端に我慢せずに、低カロリーのもので満たしてあげることも大切」とアドバイスしている。 

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ