発達障がい者100人の「あったらいいな」をかなえたノート 4,000冊を試験販売

「uni note・レモン」「uni note・ラベンダー」
「uni note・レモン」「uni note・ラベンダー」

 勉強に特化したルーズリーフやノートは世の中にたくさんあるけれど、「紙からの反射がまぶしくて、文字が書きにくい」、「けい線以外の情報が気になって集中できない」などの悩みに対応できるノートは、なかなか見つけられない。

 昭和5年から高品質の紙製品を製造している大栗紙工(大阪市)は、発達障がい者を支援するUnBalance(大阪市)と共同で誰もが使いやすいノート「uni note・ラベンダー」と「uni note・レモン」の2種類を開発。1月15日から販売用サイト「uni note」で、限定4,000冊を試験販売する。

 一見シンプルなノートの中紙は、反射によるちらつき、まぶしさを抑えた国産色上質紙を使用。行の識別をしやすくするために、けい線の太さ一行ごとの色を変えたりするなどの工夫がされている。発達障がいの当事者約100人へのアンケートなどで意見や要望を集め、開発された。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ