パナソニックから「録る」「見る」「残す」ができる4K液晶テレビ

1220 パナソニックが4K液晶テレビ

 パナソニックは、4Kレコーダー機能を搭載した液晶テレビ“4Kビエラ”のGR770シリーズ2種を、1月24日に発売する。新4K衛星放送開始から約1年が経過、一段と充実してきた4K番組が簡単に録画できるほか、ブルーレイディスクドライブも内蔵し高画質ソフトも楽しめる。いずれもオープン価格で、公式通販サイトでは43V型(TH-43GR770)が税込み24万4,860円、49V型(TH-49GR770)が同28万9,630円。

 BS4K・110度CS4Kチューナーは2基あり、裏番組録画も可能(4K 放送の2番組同時録画はできない)。ブルーレイディスクドライブにより、Ultra HDブルーレイの再生や、録画した番組をディスクにダビングして保存ができる。内蔵ハードディスクは2TB。最大4倍録の4K長時間録画モードに対応し、新4K衛星放送を最大520時間録画できるほか、外付けハードディスク(別売)にも対応しているので、さらに録画時間を拡張できる。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ