渋谷東横、最後の企画 85年の歴史に幕

img_201575_1

 渋谷駅は生まれた時から“東横”と同義、という人がほとんどだ。なにせその歴史は85年。次々にオープンする新しいビルに囲まれ、いよいよここも幕を下ろすことになった。85年最後の記念企画、「85年分の東横総決算」が2020年1月9日~3月31日まで、東急百貨店東横店で開催される。

 渋谷駅周辺の再開発事業に伴い、営業を終了するのは2020年3月31日。1934年(昭和9年)、前身の東横百貨店が関東初の私鉄運営ターミナル百貨店とし開業以来、第2次世界大戦時の空襲による罹災から復旧、増改築を経て1951年、日本初の名店街である「東横のれん街」を開設、2000年にはデパ地下ブームの先駆けともいわれた「東急フードショー」をオープンし、親しまれてきた。

 1月9日開店時から、全館を挙げた商品企画、お買い得大感謝袋やタイムサービス品などを用意した「85年分の総力結集売りつくし」をはじめ、渋谷と東横店のつながりや顧客との思い出を振り返る写真展・企画展示、参加型のアート制作企画や「しぶやのみらいを描こう」小学生絵画コンクールなど、多彩な企画が続く。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ